総会でのお話

先週の土曜日、研究所のメンバーでZoom総会を開催しました。

一子育ち実践者として、母親卒業の時期に差し掛かる立ち位置で子新たに子育ちを見つめる話ができ、とても有意義な時間になりました。

メンバーの大半が母親卒業の時期に差し掛かり、小5男子組が変化の時を迎えつつあるのだと実感。行ったり来たりしながら、母から巣立っていく準備が始まったのだなーと思いました。

勿論、最終的な巣立ちは22歳頃、金銭的にも自立する頃だと思うのですが、それまでには小さな巣立ちの準備や過渡期を経ていかないと、子も親も完熟できないのだよなぁーと、私的にはそう思っています。その一つ、大きな過渡期が小5男子に来ているのだと、メンバーのお話しを聴きながらそう感じました。

 

母は

来るものは拒まず、去る者は追わず  だと思います。

できるようになったり、できなかったり。やったり、やらなかったり。

そんな我が子を受け止めつつ、お互いに育っていきたいですね!!

 

継続して情報交換できる仲間だからこそ、子の育ちの流れを感じることができるのだとも思います。その細くても長い繋がりの中で、今後も皆さんとご一緒に歩みをすすめつつ、子育ちを実践していきましょう☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)