講座案内」カテゴリーアーカイブ

第2回遠藤さんとのランチ会

昨日第2回遠藤さんとのランチ会をしました。7月25日月曜日・26日火曜日と講座をして、昨日27日水曜日に遠藤さんと子育ち実践者のみなさん14家族が集まり、一品持ちよりランチ会をしました。

講座中では子育ち理論を遠藤さんから講義してもらうことが中心になりますが、ランチ会では和気あいあいと食事を囲んで子育ち実践について意見を交わしたり、遠藤さんからコメントをしてもらったりと充実した時間を過ごしました。

6月に開催した一回目は「決断すること」の大切さを集まったメンバーは各々感じて帰りました。あるご家庭の話から「子が決断してはじめなかったことは、子自身で決断してやめることもできない」という話を遠藤さんが解説してくださり、まさにその通りだなーと改めて感じ、「小さな決断」の繰り返しを小さなころからしている子育ちっ子。習い事なども自分で決断して始めるからこそ、辞めるときも自分で決断してサクッと辞める。ということなんだなーと今でも時々頭の中でそのことを考える私です。

そして今日の会での話の中心は「場面区別」のお話し。あるお母さんから「まね」をどこまですればいいのかわからない時がある。との話から遠藤さんから出たコメントは「そんなの簡単じゃん。場面区別すればいいだけじゃん☆」と。「場面区別⇒命の場面・生活の場面・遊びの場面・学習の場面」が一日の中に存在してその中の「命の場面⇒強制」「遊びの場面⇒まねで返す」「生活の場面⇒指示」「学習の場面⇒教える」をやってればわかるよね。との回答。みんな納得の解説でした。生活の場面で子:「卵いつく割る?」母親:「卵いくつ割る?」では生活はなり立たない。生活の場面ではしっかりと「2つ割ってください」と指示を出すということ。まねは遊びの場面でする母親の対応になります。

少し脱線しますが、我が家の「まね」について。

子たちが小さいころは「まね」して子を観察している(0歳から2歳頃)
そのうち「まねしないで!」と怒りだすわが子になり、挙句には「ママは言葉話せないの??(怒)ばっかじゃないの!!」と激怒。(4歳ごろ)
その後あきらめたように「またまねするんだねー・・・まねするってことはダメってことでしょ?(買い物中欲しいものがあって買って!と言ってまねで返した場合など)」と悟り。(6・7歳ごろ)。
そして今(8~12歳ごろ)では私がまねしてもなにも感じていないような、逆にいつもの私に安堵を感じるような(私の主観ですが)様子の娘たち。

私(母親)はいつも変わらない対応をしているのに、子がどんどん変化して、そして当たり前のようになっていく。「まね」ってこんなにも子の成長を感じられるものなんだよねー と改めて感じました。

遠藤さんとのランチ会。次回は9月28日。さてどんな話が繰り広げられることでしょう☆

その前に8月に予定している7回目の子育ち合宿です。どんな遠藤節が聞けるかとても楽しみです♪

2016年度講座がはじまりました☆

本日から2016年度の安城での講座が始まります☆

今年は14名の受講生で開講しました☆

日程は

A講座6月20日・21日  B講座7月25日26日  B2講座9月26日・27日

C講座10月24日・25日  D講座1月23日・24日

E講座2月20日21日(お試し講座22日)

F講座3月27日・28日・28日

を予定しています。

そして今回は6月22日(水)  7月27日(水)  9月28日(水)  10月26日(水)

に遠藤さんとのランチ会を予定しています。お気軽にいらしてくださいね。

詳しい場所や時間が変更がある可能性もあるので事前に私までお問合せください☆

受講後すぐは私も日課を安定させることが難しかったり、支持がうまくだせず、「いやだ」を認めてあげられなかったことを思い出します。そして一年間遠藤さんの話を聞かせてもらって、子育ち生活2年目・3年目となっていくとだんだんといろんなことが定着して、いいバランスが取れてきたように感じます。

遠藤さんは「バランスが大切」とよく言われます。骨格があり、バランスの取れた生活の上で子が成長していけるといいですね☆

14名のみなさん、楽しく遠藤さんの理論を吸収してください☆受講後のみなさんもえんどうまめの会でいろいろ深めていきましょうね☆

2016年 えんどうまめの会 日程

子育ちに関わりたい方どなたでもご参加いただける「えんどうまめの会」

OBや受講生が集って、「子育ち」を深める会です。

今後の日程です

7月13日・9月21日・10月19日・11月16日・12月14日

を予定しています。

基本的に安城の勤労福祉会館にて開催を予定していますが変更もあることがありますので、事前にお問合せくださると確実かと思います。

2015年度 子育ち講座最終回☆

2015年度5月から開講した講座が昨日で最終回を迎えました。受講されたみなさんお疲れ様でした☆

2015年度受講のみなさんもとても熱心で吸収力が早く、それぞれの形で実践してくださっているのが本当によくわかる方ばかりで、関わらせてもらえて私も多くを学ばせていただきました。

何名かの方が私に「はじめは受講を迷ったり、緊張ではちきれそうだったり、不安でしたが、最終回を迎えるとなんだかとても寂しい気持ちです。受講して本当によかったと心の底から思っています」などの感想を伝えてくださいました。

今まで子育ちを受講してきたメンバーも「この理論を知らなかったら、今頃どうなっていたのかなー」と話すメンバーも少なくありません。私自身もこの子育ち理論が自分の心と体の真髄にあるので娘たちが不安定な時やこんな時はどうしたら??という場面に遭遇しても、まずは子育ちの視点からどう対応していこうかと考えることができ、何より私自身が安定して子の成長を見守ることができるようになったな(完璧にではありませんが)と感じています。

本当にいろいろな情報があふれ、生活の速度が増している世の中ですが、人が生まれ成長するスピードは今も昔も変わらないと思います。世の中のスピードに合わせすぎて、大切な成長過程を飛び越えてしまうと、大きくなってから取り返せない何か大切なものを欠落させてしまうように思います。

だからこそ10歳までの時間を大切に母と子で育児の共同作業(子育ち+子育て=育児)をしてもらえたらと思います。

2016年度の講座の6月20日21日から開講予定です。まだ定員に達していませんのでもし受講してみたいなと思われる方はこのHPのお問合せからご連絡ください☆

☆子育ち講座 お試し講座のご案内☆

私が子育ち講座のお手伝いをはじめて11年目のお試し講座です☆もうすでに数ヶ月前からこのお試し講座を楽しみにしていらっしゃる方もいらっしゃいます♪嬉しいですね!

では詳細をお知らせします

☆子育ち講座 お試し講座のご案内☆

日程:2016年4月18日(月曜日)
会場:安城勤労福祉会館 大会議室(3F)
住所:安城市御幸本町5-10(JR安城駅より徒歩5分)
会費:1200円
時間:①10時~11時半 ②13時~14時半
(各回定員20名 *20分前受付開始)
講師:遠藤英一氏(木のおもちゃ屋もりの店主)
託児:ありませんが、会場で一緒に聞いていただけます。
(遠藤さんがたくさんのおもちゃを一緒に持ってきてくれます☆)
申込先:東りつ子(ひがしりつこ)
TER:0566-87-8757/090-6095-1316  meil:minasaki0904@yahoo.co.jp
申し込み期限:2016年 4月 8日までにメールにてお願いします。
(空きがあれば期限後も受付可能ですのでお問い合わせ下さい。)
申し込み内容①お名前 ②お住まいの市 ③電話番号 ④メールアドレス(PCより受信可能な
アドレスでお願いします) ⑤お子さんのお名前と月齢 ⑥参加希望時間
⑦来場方法(お車でお越しの方は駐車場が少ないので公営パーキングをご利用下さい。)
⑧子育ち講座をお知りになったきっかけ

子育ち講座について』

静岡県富士市に木のおもちゃ中心としたおもちゃと絵本屋を営む「遠藤英一氏」が長年に渡り
「子の自ら育つ力」を研究した理論を講座にしたものです。

講座の中心となる話

①子の日課の安定 ②まねと指示 ③リビングに子どもの空間を ④子のありのままを受けとめる
私たち親は子を育てるのではなく「子が自ら育つ」のを見守る、ただそれだけ。
遠藤氏の説く「子育ち理論」は田舎にいても、都会にいても、海外にいても、家族(特に母親)が
しっかり生活していれば成り立つものです。情報の多い今の世の中で子ども達との生活はとても
困難をともなうものとなってきています。遠藤氏が伝えてくれる「子育ち」はそんな母親の心に
とても強い「一本柱」となって支えてくれると思います。

なぜ「お試し」かというと、「本講座」は7回講座となります。
本講座の参加人数は1グループ7名となりますので、お試し講座後に本講座の希望を募ります。
そこから7名グループを作り、本講座を開講したいと思います。
講座そのものの講師代は無料です。遠藤先生の交通費等を参加人数で割ってお支払いをしています。
人数により変動はありますが(1回 2000円~2500円×7回+入会金他12000※)

※入会金 6000円/資料代 3000円/年会費 3000円

もりののおもちゃと本の割引セールに参加できます
2015年度は 21名の受講生が3グループに分かれて「本講座」を受講中です。

今回は 2016年 6月からスタートの講座生を募集します。

*講座開催月は6・7・9・10・1・2・3月の予定です。(変更の可能性もあります)

参加ご希望の方はこのHPの「問い合わせ」から必要事項を書き込み、送信してください。3日間しても返信が無い場合は届いていない可能性がありますので、上記の電話番号へご連絡いただければと思います。

よろしくお願いします☆

B1講座 終わりました☆

6月の22日・23日・24日と今年の子育ち講座のB1講座がありました。

いろいろ大変な日もありましたが、なんとか無事に終わりよかったです☆

残念ながら今回欠席してしまったかたは、来年度受講してくださいね♪

私は水曜日のグループで参加させていただきましたが、
今回印象にのこった遠藤さんの言葉は
「だから~なんでそんなに自信なさそうにするの?自分が決めてやっていることもっと自信もってやればいいじゃん!
じゃないと子が迷惑するよね~!」
と何度もいっていました。

遠藤さんを前に日課を発表する回だったのですが、やはり多くの方は「いけないとおもうんですけど・・・」
のような話方になってしまったり、母親自身もよくわからなくなってしまっていたりと
いう方も少しいらっしゃいました。
もちろん遠藤式子育ちの理論を知ってまだ間もない方ばかりなので
戸惑い、そして緊張されるのはとてもよくわかります。

遠藤さんがおっしゃりたいのは「母親が迷っていたら、子はもっと迷う」ということかなと思います。

とにかく母親は信念を持ったほうがよいと思います。

そしてその上で自分がしている生活が「子が育ちやすい環境や日課」になっているかを考える。
子を育てる環境や日課ではありません。ポイントは「子が育つ」ということです。主体は子自身ということです。

母親ができることは流れる日課を繰り返し遂行し、真似で受け止めること。

遠藤さんは言葉の些細な違いにいつも着目して、私たちにハッっと気づかせてくれます。

「子育ち」と「子育て」の違いや「安心・安全」と「信頼」の差
「気分」「情動」「情操」の違いなど、
私も今でもよく考えさせてもらっています。

また7月の27日・28日・29日と講座があるのでそれまで各自で実験して→→→実践してみてください☆

7月15日も安城の勤労福祉会館で講座のフォロー回「えんどうまめの会」があります、
ぜひいらしてくださいね☆
10時~わらべうた
10時30~えんどうまめの会

になります☆

では、7月もよい一ヶ月になりますように♪