未分類」カテゴリーアーカイブ

総会でのお話

先週の土曜日、研究所のメンバーでZoom総会を開催しました。

一子育ち実践者として、母親卒業の時期に差し掛かる立ち位置で子新たに子育ちを見つめる話ができ、とても有意義な時間になりました。

メンバーの大半が母親卒業の時期に差し掛かり、小5男子組が変化の時を迎えつつあるのだと実感。行ったり来たりしながら、母から巣立っていく準備が始まったのだなーと思いました。

勿論、最終的な巣立ちは22歳頃、金銭的にも自立する頃だと思うのですが、それまでには小さな巣立ちの準備や過渡期を経ていかないと、子も親も完熟できないのだよなぁーと、私的にはそう思っています。その一つ、大きな過渡期が小5男子に来ているのだと、メンバーのお話しを聴きながらそう感じました。

 

母は

来るものは拒まず、去る者は追わず  だと思います。

できるようになったり、できなかったり。やったり、やらなかったり。

そんな我が子を受け止めつつ、お互いに育っていきたいですね!!

 

継続して情報交換できる仲間だからこそ、子の育ちの流れを感じることができるのだとも思います。その細くても長い繋がりの中で、今後も皆さんとご一緒に歩みをすすめつつ、子育ちを実践していきましょう☆

 

ナイトえんどうまめの会開催~!

皆さま、初夏の中いかがお過ごしでしょうか?

昨日、21時半よりZoomを使っての「ナイトえんどうまめの会」を開催しました~!

遠藤さん、このコロナで講座はゼロになりまして日々淡々ともりのの番人をされてみえます。

自粛生活の為か、ちょっぴり?体重が増加の遠藤さん。

メリハリのある生活へ、遠藤さんの活力の一助へ、と、

ナイトえんどうまめの会へご参加頂きました。

更に、スペシャルゲストとしてZoomでの開催にお力添えを頂きましたmother‐takagiさん、madamudonngiriさんをお招きし、また、オンライン同窓会で司会をされたTさんも急遽お越しくださいました。

参加された方は総勢何と!16名!!十人十色の子育ち談義に花が咲きました。

参加された方のお話に耳を傾けつつ、十人十色の子育ち談義に花が咲きました。

あ!そうだった!!と、何かを得られる有意義な時間、

どの方もそうお感じになられたのではないでしょうか?

今後もナイトえんどうまめの会を開催していく予定です。

さてさて、どんな会になりますやら~☆

こんな時だからこそ!

皆さま、お元気にしていますか?

この緊急事態宣言の中、どのようにお過ごしでしょうか?

子育ちにはもってこいのステイホーム!ですが、やはりどこか息苦しさを感じますね。

こんな時だからこそ!わらべうた!生活の中にわらべうたを取り入れてみるのもひとつです。

歌と遊びは笑いを生みます。

笑っている時は身体が生き生きしている時です。

そんな時間を過ごし免疫力を高めて行きましょう☆

そして、5月5日「子育ち オンライン同窓会!2020」

(現在受講中の方も大歓迎!)のお知らせです。

子育ち講座始まって以来!初の「オンライン子育ち同窓会」の開催になります。

遠藤さんも参加予定です!!

詳しいことはこちらへ  → https://ameblo.jp/e-kosodachi/entry-12592858049.html

私も参加予定です。どんな会になるかドキドキです!

 

お知らせ

皆さん、臨時休校中の最中、いかがお過ごしでしょうか?このイレギュラーな一ヶ月余りの休校日を日課を正すにはいい時期かも!と、良い方向に考えて、娘たちと毎日の日課を考えている我が家です。先週の3日は、一時は危ぶまれた長女の卒業式でしたが、何とか挙行して頂き、無事に終えることができました。そして、この長女との15年の月日を感慨深く振り返っております。

新型コロナウイルス感染症の発生状況を踏まえまして、今月末に予定しておりました子育ち講座ですが、開催の延期をさせて頂くことになりました。講座受講中の受講生の方々をはじめ、講座に聴講にみえる修了生の方々には、急な変更で大変ご迷惑をお掛け致します。

また、今月17日の悠希の里のわらべうたも合わせて、中止させて頂くことになりました。心待ちにして頂いている皆様には重ね重ねご迷惑をおかけいたします。

延期になりました最終講座の代替え日に際しまして、また、改めてお知らせさせて頂きます。お手数をお掛け致しますが、よろしくお願いします。

 

コロナウイルスの影響が日に日に大きくなりますが、今子どもと過ごす時間が増えて、日課も安定しやすくなったのではないかと思います。日韓の安定は勿論のこと、睡眠時間の安定は、病気になりにくい身体には大切なことです。

是非!是非!今一度、この機会に日課の見直しを!

 

予期せぬこの日常が子育ちっ子や子育ち家族のみなさまにとって貴重な経験となりますように。

また皆さまと子育ちについて学び合う時間が持てますように。心からの願いを込めて☆

 

いよいよ最終講座になります

すっかりご無沙汰しておりまして…。気づけばもう、二月。早いもので、今年度の講座も来月末で最終講座を迎えます。私も講座に時折足を運んでおりましたが、お世話係のメンバーからは、一緒に講座にお越しくださるお子さんの成長が著しくて講座の醍醐味のひとつだと、今年も嬉しそうでした。

もうね、親戚のおばちゃんの心持ちなんでしょうね。私は、また新たな子育ちが始まっておりますが、母親卒業を迎えるメンバーにとっては、幼き頃の我が子と重ね合わせて、感慨深いものを感じているようにも思います。

 

 

なかなか、昨年の合宿について綴れずですが。こちらは合宿のひとコマ。昨年のたより №298号に掲載された一枚です。

この写真は子育ちの神髄!と、口々に母親卒業を迎える年代の修了生。

こうして繋がって繋いでいけるのも子育ちの醍醐味なんですよね~☆

受講生の皆さん、来月の最終講座で遠藤さんの理論を是非!

楽しみながら吸収してくださいね~♪また、えんどうまめの会や合宿でみなさんとシェアしながら深めていけることを心待ちにしています~☆

合宿の報告とえんどうまめの会の日程変更

暑い夏が過ぎようとしていますね。夏休みも終わりを告げようとしています。みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

☆合宿の報告☆

8月19・20日の両日で無事にえんどうまめの会の合宿を終えることができました。今年は初参加の方も含め20家族57名の参加になりました。毎年、変わらない日課の流れを繰り返してきた合宿ですが、この繰り返しが本当に大切だなぁーと改めて実感した今年の合宿。

都合上、合宿に途中参加を余儀なくされた方や宿泊されずに帰宅された方など合宿への参加の形はそのご家族で様々です。

ですが、合宿所の扉を開ければ、そこは毎年同じように流れている光景があり、子も親もすっと合宿の流れに溶け込み、その場から自分のやることを見つけられるのです。そして、そこに子育ち同様にそれぞれがそれぞれの合宿を味わうことへ繋がるのだと思うのです。

もちろん、今年参加できなかった方も合宿に想いを馳せながら共に合宿を味わうことができる、そんなことも感じられた合宿になりました。

合宿にご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。諸事情でご参加できなかった方々も合宿に想いを馳せて頂き本当にありがとうございました。また、来年度も開催予定ですので是非、ご参加くださいませ~♪

 

☆えんどうまめの会の日程変更☆

会場の都合や諸事情によりまして、ご案内の日程から変更させて頂きました。

9月5日(木) 10月3日(木) 11月14日(木)になります。お手数をおかけいたしますが日程変更の程、よろしくお願いいたします。みなさまにお会いできますのを楽しみにしています。

 

 

 

 

えんどうまめの合宿のお知らせ

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?先月のB1講座を終えると受講生の方々は、来月のB2講座まで個々で実践する日々になります。中には、2ヶ月近くも空いてしまって大丈夫かしら・・?と不安になられる方もお見えになりますが、日課の発表を終えたこの時期が日課の安定には重要なだと思っています。日課のひな型に照らし合わせて、じっくりと生活をする、そんな実践ができる貴重な時期でもあります。

日課の安定が難しかったり、「まね」で返せなかったり、「指示」が上手く出せなかったりしますが、実践を積み重ねていくうちに、いろんなことが定着してバランスが取れてきます。

遠藤さんも講座で中庸、「バランスが大事」とよく言われます。主軸の日課で骨格をつくり、バランスのとれた生活で成長していけるといいですね~☆

 

今年もそんな子育ちの骨格を軸とする「えんどうまめの合宿」を開催します。今年の日程は、再来週の19、20日を予定しています。修了生の方々には「子育ちFC会」でお知らせをさせて頂いています。お申込み頂いている方には、また、改めて詳細をお知らせいたしますね~♪

名残惜しさと新たに☆

皆さん、春がやってきましたね!新しい年度がはじまりますね~!!入園、入学、転勤など、新たな生活が始まると、生活環境に変化があります。こちらの地区でも来年度は新たな会場で、子育ちが始まります。先日の木曜日のえんどうまめの会は、今年度の最後の会でしたが、今の会場での活動も終わりを迎えました。素敵な会場でしたので、とても名残惜しいです。

6年もの間、子育ちの活動や受講生や修了生のお子さんの成長を目を細めながら温かく見守っ下さったスタッフの方々には感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました。

来年度のお試し講座や本講座の日程など遠藤さんと思案しながら調整をしています。来年度のお試し講座は5月下旬を予定しています。遠藤さんのお試し講座は年に一度だけです。とても貴重な講座になりますので、興味の湧いた方は是非!今回の「お試し講座」にご参加くださいませ☆

もちろん、修了生の方もご参加いただけます。今年は修了生講座の開講予定がありませんので、遠藤節を味わいたい修了生の方も是非!!ご参加くださいね☆

 

我が家は14歳、10歳、11ヶ月という異年齢の兄弟姉妹の構成です。11ヶ月の弟がテーブルに登ると姉たちは「登っちゃダメー!!。。。じゃなくて降りてくださ~い!」と言って弟をテーブルから降ろします。子育ちでは子どもに何かを伝える時とにかく「肯定的に伝える!」を意識します。母親が出す言葉の中に否定語が多ければ多いほど子どもはネガティブになっていきます。

生活の中に「肯定語」を増やしていく。ボキャブラリーが豊富でないと難しいですが、母親も子もポジティブな言葉を使った生活を送れています。肯定的に伝える手法はお試し講座の中でも満載!

 

お得感満載のお試し講座の詳細がきまりましたら、また、ご案内をさせて頂きますね~♪

 

えんどうまめの合宿 報告

8月20、21日に毎年恒例のえんどうまめの合宿を無事に開催しました。

実は、この4月に出産しまして、生後三ヶ月の長男を連れての企画となり、また、参加人数は24家族62名の大所帯の中、初参加のご家族が11家族と内心ドキドキの合宿になりましたが、手慣れた皆さんのおかげで滞りなくいつも通りの合宿になりました。

小さなお子さんの参加も多く、広い会場に戸惑うお子さんや合宿の雰囲気に馴染むまでに時間がかかる姿も見受けられたのですが、皆さんがそれぞれにできる範囲のことをし、楽しんでくださっていたように感じられました。

一年ぶりの再会には昨年とは違う成長を見れたり、わらべうたやえんどうまめの会でお会いしているお子さんの普段とは違う様子を垣間見たり、先を歩く子育ちっ子の姿に我が子の姿を重ね合わせ未来に想像を膨らませたり、日々の生活で戸惑い思案していることでも、いろんな方のテクニックを垣間見れる環境は本当に貴重な時間でした。どっぷりと子育ちに浸る、一日中、子育ちが溢れている環境での生活は、この子育ち合宿だからこそだとも思います。こんな子育ち環境が年課で繰り返されるのもいいんじゃないかなぁー☆

 

そろそろ、みなさんのお手元にたよりが届く頃かと思いますが、今年は遠藤さんがお越しになれずでした。静岡に想いを馳せながら、父親のいないような何かが足りないようなそんな感覚の中、遠藤さんの駄おもちゃ屋さんも開催できずで、私が鬼ごっこ(大きい子向け)の要素を持ち合わせたわらべうたをやりました。わらべうたの会にはなかなか参加できない小学生の子たちが目をキラキラと輝かせ「次は何?」という表情で私が差し出す歌を待っている姿がとても印象的でした。遊びに夢中になり必死になる子、走り回りながらも小さな子を気遣う子、小さな子も大きな子も一緒になってキャーキャー走り回る姿に、昔はきっとこんな風に何もない広場で遊んでいたんだなぁーと思います。

上が中学生、下は園児の子がひとつの集団となり、最後の最後まで鬼ごっこやかくれんぼをする姿にえんどうまめが生活で繋がる大きな家族になっているんだなぁーとも思いました。年齢差のある仲間たちと集団で楽しんだ子が家族と共に自宅へと戻る後ろ姿に、人は外で学び安定した家庭の中でそれを蓄積しながら成長していくのではないかと感じられました。

 

こちらの地域で子育ちの種が蒔かれて約15年。

子育ちで繋がり、ご縁を頂いた芽がすくすく育ち、葉を茂らせて小さいけれどしっかりと根をはる木に育ってきているように感じています☆

今年も皆さまのおかげで学びと気づきの多い合宿となりました。本当にありがとうございました!

 

講座変更のお知らせ

明日からの子育ち講座についてのお知らせです。

台風の接近に伴い、遠藤さんと密に連絡を重ねて思案して参りましたが、遠藤さんの安全を第一に考えまして、明日、月曜日のB2講座を中止することに致しました。

10月2日の火曜日と3日の水曜日は予定通りに勤労福祉会館で開催いたします。

会場は一階の和室から三階の大会議室へと変更させて頂きました。今年度の受講生の方は、両日のどちらかでご都合の良いお日にちにお願いいたします。

水曜日は合わせて、修了生の講座も同時開催の予定ですので、ご了承くださいませ。

急な変更で皆さまにはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解頂けますようよろしくお願いいたします。