泣くこと・泣けること☆

こんにちは☆ずーっと書こう書かなくては!!と思いながら、いろいろ忙しさを口実に
そして、ちょっと自分に甘えてサボってました☆しばらくぶりです!

こうしてパソコンに向かえたのも今日このHPを見て、私に素敵なメールをくれた方がいらっしゃって、
そして友人の原さんが「毎日みてますよー」とぜんぜん更新してない私にブログに注目してくれたりと
本当に皆様からありがたい気持ちをいただいたからです。

さて、今日は1年生になって、5月から夏休みまで、私が学校の授業へ付き添うか校門まで(徒歩30分)見送るかを
していた次女の話です。
次女はもともと園児のときから私と離れるのが苦手で、いつも登園後は泣いていました笑

入学後は園児時代散々泣いたらいけるかな~と思っていたら、GW当りから「行きたくない~ママがいい~」
と泣くようになり、いろいろあって私が付き添うことになりました。
そして校門前まで一緒に歩きそこでひと泣きしたら、教室へ行けるようになりました。
そのときも次女は家を出てから、学校まで3つのトンネルをくぐっていくのですが、
3つ目をくぐると、3分ほどで学校へつくのですが、その3つ目をくぐると決まってポーチから
ハンカチを出し、手に握り、門の前で涙をながし、「ママ帰りは家にいてね」と私に伝え、
門をくぐって学校へと入っていく日を繰り返していました。

そして夏休みに突入。彼女は毎日ルンルンで誰よりも早く起きて、毎日を満喫しておりました。
私は9月になったらどうなるかなーとは思っており、
私の母が次女に「9月からは一人でいってみたら?ママもお仕事とかあるから大変だよ」と言ったことは母から聞きました。
でも本人にはついて行かないからねとも伝えてはなかったのでどうなるかなーとは思っていました。

そして、新学期。9月1日になり、朝からどうするかなーと見ていると、食事が終わり→歯磨き→荷物を持つと次女が
「ママー玄関の外までは来てね~・・・・泣」と号泣しながら言うので
「うん、玄関の外までは行くね」といい靴を履く指示を出し、外へ出ました。
そして号泣しながらも通学班で並び歩いて行きました。

そして帰り時間。
夏休み前と変わらずルンルンで帰宅した次女に、「学校どうだった?」と聞くと
「うん!初めて泣かないで美奈ちゃん(姉)とバイバイできたよ☆」といい本人もルンルンでした。

2日の朝
その日はなぜか泣かずに班で並んで登校。

しかしかえってくると「ママー今日泣かないで学校いっちゃったから、美奈ちゃんと別れるとき泣けちゃった~」と言いました。
私はぷぅっっと吐き出しそうになりましたが、「そっか朝泣かないで行ったから学校で泣けちゃったんだね」といいました。

3日の朝
次女は「ママ・・・・帰ってきたらいてね~・・・」と泣いて玄関を出ました。

帰宅後「今日は泣かなかったよ!なんか家で泣くと学校で泣かないみたい!家で泣いて行くね☆」
と。

その日から次女は朝行く前に泣いて、学校では泣かずにいられるようになっています。

次女は日曜日の夕方くらいからおかしくなります。
姉には暴言を吐き、父親にはめちゃくちゃに甘え、私には泣きついてきます。
そして月曜日の朝には「ママ~わーん」と泣き 「泣きたいときは泣いていいでしょ!泣いたら学校行くもん」
といって泣いております。今朝も泣いていきました笑

長女も園児の頃10分で歩ける園を30分から40分かかって歩き「泣いてから行くー」と園の前でないて
よく登園していました。

いつも遠藤さんは「泣くことは大切。子どもも大人もね。大人も時々なくといいんですよ。」とおっしゃいます。

でも長女美奈はもうあまり頻繁にはなかなくなりました。
姉妹の喧嘩であまりに嫌だったときとか
私と言い争いになったときに、悔しくて泣くくらい。

豊かに泣いている次女をみていると、大切な時間だな~と思います。

泣くこと・泣けること☆」への1件のフィードバック

  1. ゆい

    以前の記事にコメント失礼します。今子育ち講座受講中の者です。そして、2年生の子どもが登校しぶりをしていて、こちらの記事を読み励まされました。長い間の付き添い登校、大変だったことと思います。 娘さんは、「行きたくない」「休みたい」とは言いませんでしたか?うちは「休みたい」というので「休みたいんだね〜」と返しても同じやりとりが続くばかりで、こちらから色々提案しても、結局休むことが多いので、娘さんのように泣きながらでも一緒に行った方が良いのかなあと迷っています。息子は子育ち的な育て方をされていないので、基本はマネと指示だと頭ではわかっていますが、、試行錯誤中です。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)